長く使う為に|のれんのオーダー制作・オリジナル作成は実績豊富の当、通販店にお任せ!暖簾を激安価格にて短納期でお届け!

オーダー暖簾を長く使うために

このページではオーダーメイドで製作したオリジナル暖簾を、より長くお使い頂くために気を付けて頂きたいポイントを簡単紹介しています。せっかく通販で特注制作をしたのですから、当店も専門店として、末永く使って頂ければと思っています。

一口にのれんと言っても、店舗装飾用途と短期イベントの屋台などでお使いになるのでは作成に使う生地や印刷方法が異なります。プリントや製法別の詳細なお手入れ方法を知りたい方は、激安製作の専門店である当店のスタッフまでご質問頂ければと幸いです。

日常で気を付けたいオリジナル暖簾のポイント

1 日々の注意点
閉店時は店内へ

特注で制作したのれんを屋外に常時設置しておくのと、適度に屋内へ閉まっておくのでは、傷み方が大きく異なります。

飲食店などの店舗で注文製作のオリジナルのれんを使う場合には、一日の終わりに必ず店内に取り込み「暖簾を下ろす」ように心がけましょう。

2 ヨレの直し方
やさしく整える

製作した暖簾にはヨレが出ることがあります。名入れ印刷面が見づらく、販促・装飾品としても好ましくありません。

そうした場合は真っ直ぐに暖簾を掛けてヨレを確認し、ヨレの反対方向へ少しづつ手で引っ張りましょう。単純な方法ですが、生地を傷めずにヨレを直せます。

3 シワの取り方
アイロンに注意

オーダー制作した暖簾にシミが出来てしまった場合には、まずシミの面に汚れてもいいタオルなどを当てて下さい。

中性洗剤を付けた布や柔らかいブラシを使い、シミが広がらないよう外から中へ叩くようにして落としてください。別注製作したのれんに漂白剤を使うのは厳禁です。

制作生地別の暖簾メンテナンス方法

激安な販売・購入価格などに関わらず、オーダーのれんのプリントや印刷の方法、そしてオリジナル作成に使う生地の種類などによって大きくメンテナンス方法は異なる部分があります。そこでここでは大きく2種類に分けた素材別お手入れ方法を紹介いたします。

綿生地
綿暖簾のお手入れ方法

注文製作で購入した綿生地のれんが汚れた場合には、30℃前後のぬるま湯にて、中性洗剤で手洗いをするのがお薦め。

塩素系や酵素系の漂白剤・蛍光剤は暖簾のオリジナルデザインやプリント印刷面を傷めるので、使わないようご注意ください。弱い水流であれば洗濯機もお使い頂けます。しかし顔料プリントで作成した場合は摩擦に弱いので、可能な限り手洗いにしてください。日光や湿気に弱いので、陰干しでよく水分を乾かしましょう。アイロンもお使い頂けます。

化繊生地
化繊のれんのお手入れ方法

通販の既製品として販売されている暖簾の素材にもなっている化繊生地は、格安・激安な価格で別注や作成しやすい生地です。

特注で制作した化繊のれんが汚れてしまった際には、水洗いをすることが可能です。その時には綿生地と同じく名入れ面を傷めるので、塩素系・酵素系の蛍光剤や漂白剤は使わず、中性洗剤をお使い下さい。また基本的に高温に弱いので、アイロンは出来るだけ避けましょう。かける場合には綿の当て布をして温度を下げるようにして下さい。

  • お見積りのご用命はこちら
  • メールでのご連絡お問合せ

お見積依頼オーダーメイド無料お見積りはこちらから

製作実績多数の特注製作実績をご紹介!

オンライン打合せ対応 予約制お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の声製作されたお客様の声をご紹介

のれん
店舗・飲食のれん
イベント用のれん
湯・風呂のれん
楽屋のれん
日除けのれん(店頭幕)
無地のれん
綿生地のれん
化繊生地のれん
麻生地のれん
のれんについて
染め・印刷方法について
のれん生地一覧
暖簾の仕立について
暖簾の防炎加工について
のれんのサイズについて
よくある質問集
取扱いアイテム一覧
のれん取り扱ってます。
ちょうちん取り扱ってます。
はっぴ取り扱ってます。
ふろしき取り扱ってます。
てぬぐい取り扱ってます。
扇子取り扱ってます。

アパレル始めました!名入れ・プリントお任せ下さい!

デザイン作成について
●デザインデータ入稿方法
●デザイン制作のご注意点
●家紋サンプル例
●書体サンプル例
ご注文について
●納品までの流れ
●送料について
●特注品のお支払い方法
●返品と交換について
●代行出荷承ります
●よくある質問集
●FAXオーダーについて
当サイトについて
●運営会社情報
●特定商取引の表示
●プライバシーポリシー
●サイトポリシー
●オリジナル製作のススメ
●サイトマップ
和の卸の特徴について
●激安制作が可能な理由
●短納期でも安心!特急サービス!
●通販専門スタッフによる安心対応
●初めての販促用和物アイテム製作
のれんの補足情報
●暖簾のお店を選ぶポイント
●暖簾を長く使うために
●のれんの活躍シーンについて
●暖簾をより割安で作成するために
●暖簾を長く使うために
●暖簾の制作が人気の理由

ページトップに戻る

Copyright(c) 2014 和の卸 All Rights Reserved.